仮想通貨は草コイン

仮想通貨に嵌ったリーマンブログです ( ゚Д゚) Twitterもやってます。

(訂正あり 1/4)Binanceを利用してRipple(XRP)のうまい運用方法(利確・税金対策) TRX(Tron)使用して 海外送金格安+うまい事いけば利益UP方法

Rippleが爆発的に上がりました。(読売新聞に記事がのりました、徐々に認知度が上がってきていますね!!)

そして、私は1/3の時点で以下の紙幣に最終的にある程度投資しました。

 

1. Tron

2. COMSA(Nem建て)

3. COMSA(ETH建て)

 

結論から言うと、Tronのみ上昇。。。。悲しい(T_T) (まあ、+なんですが。。)

 

さて、主題にも書いたようにせっかく上がったRippleのうまい運用方法を思いついたので、記事にしたいと思います。

 

まず、大前提が

 

大前提:”TRON”が日本市場に上場する(特にZaif又はマイナー取引所)

 

という事なので皆様注意をお願いします。

 

早速なのですが、うまい運用方法について。

 

結論から申し上げますと、以下の手順になります。

 

Ripple(XRP)→

Binanceへ送金→

ETHまたはBTC変更→

安定通貨購入(BNBお勧め)→

最終的に利確したいときにTron又はRippleに再変換→

日本に再送金→

Zaif又はマイナー取引所で利確。(手数料が格安)

 

現在Rippleをある程度早い段階で持っている人は多分Coincheckを使用していると思います。

ただ、Coincheckのスプレッド(売買手数料)は非常に高い。。(/o\)

(約8-9円/コイン程度)

これじゃあ、せっかく利確しようとしても、資産が目減りしてしまいます。

そして、再投資する際に日本円に換えなくちゃいけない。。。。→ここがポイント。

 

 

現在、税法的にはグレーですが、同日内で日本円を通さないでの仮想通貨の変更は税制的に無税の可能性があります。(要は円としての利益確定をしていないため。)

###

訂正(1/4):Rippleでほかの通貨を購入した時点で課税対象になるようです。

###

その際に、つかえるのがBinance。Binanceは仮想通貨同士の取引が可能です。

基本的にXRP→BTC又はETH→その他仮想通貨。

 

要は日本円に一度も変更することなく、ほかの通貨が買える+XRP通貨の最大風速の時に他の安定通貨を購入可能。(特にBNBはBinanceの加入数と相関関係の為、お勧めと考えます)

 

また、RippleのCoincheckからBinanceへの送金手数料はたったの0.2Ripple。(安い)

加えて、現在Binanceはスプレッドが0.05%。(ほかの通貨購入時・安い!!)

 

そしてそれを最終的に紙幣価格の安いTronにて再送金する。=送金手数料が格安!!!

Zaifであれば最高。現在ZaifだとBTCまたはETH建てでないとBinanceから送金不可=送金手数料が高い)

 

上記の方法をすることで、

・利益を最大値で再投資できるだけでなく(無税の可能性あり)

訂正(1/4)→無税の可能性はありません。他のアルトを購入時に利確になり、税金対象になるとのこと。

・日本円に切り替えた時に一番手数料が安く日本円に変換できる。

 

という非常に大きい利益を得る可能性があります。

 

以上

 

最後に仮想通貨に対する税制はまた確定しているわけではないので、注意は必要です。

( ゚Д゚)