仮想通貨は草コイン

仮想通貨に嵌ったリーマンブログです ( ゚Д゚) Twitterもやってます。

仮想通貨用の面白アプリ発見 税金まで考えてくれそう G-tax

現在、ショートでの取引をした際に税金がどのくらいになるのか、必ず頭によぎります。

 

雑所得は基本的には総合課税の分類になります。

例えば、以下が所得税の税率であり、+ 10%住民税となります。

課税される所得金額 税率 控除額
195万円以下 5% 0円
195万円を超え 330万円以下 10% 97,500円
330万円を超え 695万円以下 20% 427,500円
695万円を超え 900万円以下 23% 636,000円
900万円を超え 1,800万円以下 33% 1,536,000円
1,800万円を超え4,000万円以下 40% 2,796,000円
4,000万円超 45% 4,796,000円

 

基本、サラリーマン投資家の場合は以下の

330万~695万円以下 20%+10%(住民税) 又は

695万~900万円以下 23%+10%(住民税)

あたりになると考えます。

であり、家庭によっては配偶者控除やその他の控除がいろいろとある為、

一概には言えないですが、

 

課税所得が500-700万の

サラリーマンが仮に仮想通貨で合計400万 利確した場合、、、

特定の人によっては(所得金額合計が1000万の場合)、全体の収入全体に+10%の33%の課税が突然降りかかってきます。(/o\)

 

例えば、下記の2択ができる場合、あなたはどちらの税金を払いますか?

  

所得金額:1000万 税率33%=330万-153.6万(控除額)=約176万

所得金額:900万 税率23%=207万-63.6万(控除額)=約143万 

 

税金って恐ろしいですね。。

 

しかし、ビックチャンスは突然降りかかってくるもの。

しかし、種銭となる円が枯渇していたり、たまたまその取引所では違うアルトコインしか保有していないとき、

 

あなたはどうしますか?

 

税金にビクビクしながら エイヤーーー としてしまいますか?

 

そのためにも、以下のG-taxは非常に面白いアプリだと思います。

しっかりと自分の利確分を把握し、課税対象となる取引の把握ができれば、

必ず適切な対応ができるはずです。

今回は、すでにテスト版の募集は終わってしまっていますが、ぜひ我が家にも一台ほしい一品ですね。

 

 

詳しくは、以下のリンクを参照!!(とりあえず、ただの模様です)

crypto-city.ne

 

以上 現場からでしたー( ゚Д゚)