仮想通貨は草コイン

仮想通貨に嵌ったリーマンブログです ( ゚Д゚) Twitterもやってます。

Ripple(XRP) Q4 レポート 簡単翻訳(意訳 日本語訳)

Rippleが1/24に出しましたQ4について、簡単な翻訳(Google先生 ご協力ありがとう)と意訳をいたしましたので、適当に見てみてください。(間違いについてはご容赦を ( ;∀;) )

ripple.com

また、やさしい人は広告ポッチとして頂ければ、ちょっと嬉しいです。( ゚Д゚)

 

Q4 2017 XRP Markets Report

Q4 2017 XRP市場レポート

Jan 24, 2018 | Miguel Vias

To continually improve the health of XRP markets globally, we share regular updates on the state of the market including quarterly sales, commentary on previous-quarter market developments and Ripple company-related announcements.

世界中のXRP市場の健全性を継続的に改善するため、四半期売上高、前四半期の市場動向に関するコメント、リップル関連の発表など、市場の状況に関する定期的な最新情報を共有しています。

Quarterly Sales 四半期売上高

In Q4 2017, market participants purchased $20.1 million directly from XRP II, LLC1 — our registered and licensed money service business (MSB). These participants tend to be institutional buyers, and their purchases typically include restrictions that mitigate the risk of market instability due to potential subsequent large sales

2017年第4四半期に、市場参加者は、当社の登録およびライセンスマネーサービス事業(MSB)であるXRP II、LLC1から直接20.1百万ドルを購入しました。これらの参加者は機関投資家である傾向があり、その購入には通常、その後の大規模な販売による市場の不安定性のリスクを軽減する制限が含まれています

 

 

 

Additionally, the company sold $71.5 million worth of XRP programmatically as a small percentage of overall exchange volume. For Q4, these sales represented 0.075 percent (7.5 basis points) of the total $95.4 billion2 traded — a decrease from Q3 2017’s 0.20 percent (20 basis points).

さらに、同社は、全体の取引量としてはわずかなパーセンテージとして、プログラム上、71.5MドルのXRPを販売しました。第4四半期のこれらの売上高は、0.075%(7.5ベーシス・ポイント)を占めた954億ドルで取引され、2017年の0.20%(20ベーシス・ポイント)から減少。

Market Commentary: A Quarter for the Ages 市場の解説:四半期について

XRP markets ended the year with a statement — one that will likely be remembered as a defining milestone in XRP’s history. Though the beginning of the quarter was relatively quiet — with prices trading in a range between $0.203 and $0.30 — XRP began rallying on December 12 and continued moving upwards throughout the month. It quickly reached and exceeded dollar parity on December 21. From there it climbed higher, briefly touching $2.19 on December 30 before retracing somewhat and finishing the quarter at $1.91. This price appreciation represents an impressive quarter-over-quarter increase of 887 percent and a year-over-year gain of 29,631 percent

XRPの市場は、XRPの歴史において画期的な出来事として記憶される可能性にて1年を終えた。第2四半期の初めは比較的静かだったが、価格は0.203ドルから0.30ドルの範囲で取引されていたXRPは12月12日に持ち直しを開始し、その月も上昇を続けていた。それは12月21日に急速にドル相場に等価になり、そして上回った。そこから、12月30日に2.19ドルに達し、一時的に戻り1.9ドルで四半期を終えた。この価格上昇は、887%の堅調な伸びと29,631パーセントの前年比の上昇を示しています。

Given the price activity, in some respects, this quarter felt like Q2 2017. While XRP saw large percentage gains in the second quarter, its notional value was the more poignant story in Q4, expanding from approximately $8 billion at the end of Q3 to $191.0 billion4 on December 31, making XRP the second most valuable digital asset in the world. In short, XRP markets had a record-setting quarter.

いくつかの点で価格動向を考えると、今四半期は第2四半期のように感じました。XRPは、その第2四半期の想定元本は、第4四半期において、第3四半期末の約80億ドルから12月31日に1,910億ドルへと拡大し、世界で2番目に貴重なデジタル資産となりました。要するに、XRP市場は記録的な四半期となりました。. An Eventful Quarter 多忙な四半期

f:id:Kuroneko1104:20180125012852p:plain

Early in the quarter, market attention was focused on issues between bitcoin and bitcoin cash and the launch of Chicago Mercantile Exchange (CME) and Chicago Board Options Exchange (CBOE) bitcoin futures. The anticipation for futures was particularly distracting, as markets awaited a pivotal development in the history of the digital asset space. Since XRP has historically been relatively uncorrelated to BTC or any other digital asset, it was not entirely surprising that while the rest of the space found its footing earlier in the quarter, XRP consolidated instead.

第4四半期の初めに、ビートコインとビットコインキャッシュシカゴ・マーカンタイル取引所(CME)とシカゴ・ボード・オプション取引所(CBOE)のビットコイン先物の発売に注目が集まりました。市場がデジタル資産スペースの歴史的な中心となる発展を待っていたため、先物への期待は特に注意を散らしました。しかし、過去の動向よりXRPはBTCやその他のデジタル資産とは比較的無相関であったため、XRPは代わりに統合され、残りのスペースは四半期の早い段階に位置しました。

In late Q4, XRP markets began to connect the dots once again. Of particular importance were the American Express/Santander partnership announcement, the activation of escrow and the connection of Korean banks to the Japan Bank Consortium. The completion of escrow represented the company’s consistent ability to follow through on a previously announced initiative. Additionally, while neither the AMEX news nor the Korean bank initiative involved XRP, these key developments prove that Ripple is gaining customer momentum. Though it’s early, and today most RippleNet members are adopting xCurrent, each one of these client milestones increases the probability that institutions will eventually use XRP and xRapid to take advantage of more efficient liquidity, just like Cuallix does today. As digital asset markets grow and evolve, newer market participants will continue to look to milestones such as these to gauge XRP’s potential.

Q4の後半は、XRP市場は再び点と点をつなぎ始めました。特に重要なのは、アメリカン・エキスプレス/サンタンデールの提携発表、エスクローの活性化、韓国銀行の日本銀行コンソーシアムへの接続でした。エスクローの完了は、以前に発表されたイニシアチブをフォローする一貫した能力を表していました。さらに、AMEXのニュースも韓国銀行のイニシアチブもXRPは関与していないが、これらの主な進展は、Rippleが顧客の勢いを増していることを証明しております。まだ早いですが、今日ではほとんどのRippleNetメンバーがxCurrentを採用していますが、これらのクライアントマイルストーンのそれぞれは、今日Cuallixのように、機関が最終的にXRPとxRapidを使用してより効率的な流動性を利用する確率を高めます。デジタル資産市場が成長し発展するにつれて、より新しい市場参加者は、XRPの可能性を測るためにこれらのようなマイルストーンを探し続けるでしょう。

Lastly, the fourth quarter was also fascinating with respect to other digital assets. There were some great advancements in the space. Unfortunately, there were also some concerning developments, in particular, the very public bitcoin vs. bitcoin cashcivil war and concerns around ether (ETH) and litecoin (LTC) leadership commitment. This may be where XRP most significantly distinguishes itself going forward.

最終的に、第4四半期は他のデジタル資産に関しても魅力的でした。これらのことは、スペース(仮想通貨全体のマーケット)にも大きな進歩となりました。残念なことに、いくつかの開発、とりわけ非常に公的なビットコインビットコインキャッシュの内輪揉めと、イーサリアム(ETH)とlitecoin(LTC)のリーダーシップコミットメントに関する懸念もありました。上記の懸念に対し、XRPがそれ自身を最も顕著に区別する場所である可能性があります。

As established corporations consider leveraging distributed ledgers and blockchains, especially public incarnations of those technologies, dispute resolution and commitment will be key. Building pivotal infrastructure on top of technology that does not have clear governance is not palatable for large established companies. Also, from conversations with market participants as well as with possible clients, it’s clear Ripple’s consistent and steadfast support of XRP is a major advantage as the payments industry continues to seriously consider it as an alternative liquidity solution.

確立された企業が分散帳簿とブロックチェーン、特にそれらの技術を一般化し利用することを検討するにつれて、レゾリューションとコミットメントが重要になるでしょう。明確なガバナンスを持たない技術の上に重要なインフラストラクチャを構築することは、大企業にとって大変なことです。また、市場参加者および可能な顧客との会話から、Rippleの一貫して着実なXRPサポートは、決済業界が代替流動性ソリューションとして真剣に検討されている為、大きな利点です。

 

Dramatic Volume Increases 劇的なボリュームの増加

Of all the developments in Q4, the dramatic increase in volume likely had the most impact on XRP’s likelihood of becoming an international standard for digital-value transfer. In order for XRP to be highly efficient as a settlement asset for cross-currency transactions, it will continue to need greater volume and depth of order books. These market attributes increase its ability to support much larger cross-border payments and thus increase its utility broadly. Overall, Q4 volumes averaged more than $807.6 million per day, a 35,341 percent increase over Q4 2016’s volumes of $2.28 million per day, with much of the volume growth coming late in the last month of the quarter.

Q4のすべての進展のうち、取引の劇的な量の増加は、XRPがデジタルバリュートランスファーの国際標準になる可能性に最も影響を与えた可能性が高いです。クロス通貨取引の決済資産としてXRPが非常に効率的であるためには、依然としてより多くの注文書の量とオーダーブックの深さが必要になります。これらの市場属性は、大きな国境を越えた支払いをサポートする能力を高め、その効用を広く広げます。全体的に、Q4の売上高は1日平均807.6Mドルで、2016年第2四半期の1日の売上高は35,341%増加しました。

Since December 11, XRP’s volumes averaged $2.77 billion per day as the price rally progressed in earnest. Of particular importance is the growth of strategically important XRP/MXN volumes in Mexico, one leg of the first xRapid corridors. In December, XRP/MXN activity increased by more than 25x its volumes in September, and at times outpaced BTC/MXN volumes. We believe this rise in volumes is partly due to additional market maker activity at Bitso, as well as the rise in speculative interest.

12月11日以降、XRPの販売数は、価格引き上げが本格化するにつれて平均27億7000万ドルでした。特に重要なのは、最初のxRapidの1つであるメキシコにおける戦略的に重要なXRP / MXNボリュームの成長です。 12月には、XRP / MXNの活動が9月の25倍以上に増加し、時にはBTC / MXNの数を上回りました。この増加は、Bitsoの追加的なマーケット・メーカー活動と投機的持分の増加によるものであると当社は考えております。

Lastly, XRP also became available across more than 50 exchanges globally — which was likely a driver of growth as well. This increased global reach is the result of Ripple’s continued investment in the XRP ecosystem and will more easily allow financial institutions to source liquidity for international payments through XRP going forward.

最後に、XRPは世界中で50以上の取引所で利用できるようになりました。これは成長の原動力でもあります。この増加したグローバルな進展は、RippleのXRPエコシステムへの継続的な投資の結果であり、XRPを通じた国際的な支払いのための金融機関への資金供給をより容易に可能にします。

f:id:Kuroneko1104:20180125012937p:plain

Korea’s Impact Continues 韓国のインパクトは続く 

Though Korean markets continued to be a significant driver of XRP activity during the quarter, growing geographic diversification of XRP liquidity lowered KRW market share to 44.8 percent of total Q4 volume.

第2四半期には韓国市場が依然としてXRP活動の大きな推進要因となっていたが、XRP流動性の地理的分散が拡大したことで、市場シェアは第4四半期の44.8%に低下した。

Interestingly, this retracement of market share didn’t apply to KRW prices. As XRP advanced in Q4, so did Korea’s premium over USD markets. At times, prices were as much as 40 percent higher in Korea than the rest of the world. While it’s still somewhat early to tell, it will be interesting to see if these premiums develop into a leading or lagging indicator of market activity going forward.

興味深いことに、この市場シェアの綾戻し(相場が全体的な方向性に反して逆方向に振れること。)は、ウォン価格には当てはまりませんでした。第4四半期にXRPが進展したことで、韓国のドル市場に対するプレミアムも上昇した。時には、韓国の価格は世界の他の国よりも40%も高いこともありました。これらのプレミアムが今後の市場活動の先行指標または遅行指標に発展するかどうかを確認することは興味深いことです。

f:id:Kuroneko1104:20180125012954p:plain

Towards the end of December, rumors of a Korean government clamp down on the space began circulating. On December 27, the official news broke. However, much to the market’s surprise, the impact was muted. In fact, many markets — XRP included — continued to rally. However, what seemed like insatiable demand may have some challenges ahead. Given South Korea’s outsized volume share on digital asset exchanges, a more restrictive stance there poses a significant market risk.

12月末にかけて、韓国政府の仮想通貨マーケットへの締め付けの噂が広がり始めました。 12月27日、公式のニュースとして流れました。しかし、市場の驚きの大部分に対し、その影響は控えめでした。実際、多くの市場(XRPを含む)は引き続き取引を続けました。しかし、飽くなき需要のように思われるものでも、いくつかの課題を先取りしているかもしれません。デジタル資産取引における韓国の大規模なシェアを考えると、より限定的な姿勢は市場リスクを大きくもたらすと考えます。

 

What’s on the Horizon for Q1 2018  2018年第1四半期の動向について

2018 is likely to be a pivotal year for the broader digital asset markets as a whole, as well as for XRP markets specifically. Q1 will be key to ensuring XRP’s liquidity eventually becomes more like that of existing foreign exchange markets and XRP achieves its goal of becoming the digital standard for international value transfer.

2018年は、XRP市場だけでなく、より広範なデジタル資産市場全体にとって重要な年となりそうです。 Q1は、XRP流動性が最終的に既存の外国為替市場の近づくことが鍵であり、XRPを国際通貨移転のデジタル標準になるという目標を達成します。

xRapid

On January 11, 2018, we formally announced a partnership with MoneyGram — one of the world’s largest money transfer companies — to use xRapid and XRP for near real-time cross-border payments. In addition, there are a number of other xRapid deals at various stages of completion in the pipeline. We’ll look to make those public as they’re signed and our partners agree to be publicly recognized

2018年1月11日、xRapidとXRPをほぼリアルタイムで国境を越えた支払いに使用するMoneyGram(世界最大の送金会社)とのパートナーシップを正式に発表しました。加えて、そのパイプラインの完了段階にはさまざまなxRapid取引があります。私たちは署名されたものとして一般公表し、パートナーは公式に承認されていること同意します。

 

Institutional Hedging and Custody 制度上のヘッジおよび管理

While customers can use XRP for on-demand liquidity through xRapid, we want to build the necessary markets infrastructure for eventual direct usage of XRP by financial institutions. In Q1, we’ll begin work towards the launch of institutional hedging instruments and custody solutions. Both of these market components are important to institutional adoption and thus are important components of our 2018 roadmap.

顧客はxRapidを通じてオンデマンドな流動性XRPを使用することができますが、金融機関による最終的なXRPの直接的な使用に必要な市場インフラストラクチャを構築したいと考えています。第1四半期には、機関投資家のヘッジ手段と保管ソリューションの開始に向けて作業を開始します。これらの市場構成要素は、いずれも制度的な導入にとって重要であり、したがって、2018ロードマップの重要な要素です。