仮想通貨は草コイン

仮想通貨に嵌ったリーマンブログです ( ゚Д゚) Twitterもやってます。

仮想通貨相場が停滞中。でも、視点を変える必要があるのでは?

f:id:Kuroneko1104:20180130220734p:plain

 

インチェックの騒動はまだまだ収束しそうにありませんね。

とりあえず、今懸念されているのが、以下の2点。

 

 

1. コインチェックの倒産リスク。

まあ、巷では、計画倒産を狙っているでは?とか話がつきません。

 

どちらにせよ、コインチェックとしては何処をポイントに置くかが、重要と考えます。

 

まず、今倒産する事で彼らの手元に残る収益が最大化するのであれば、此れはしょうがない事です。

 

要は、今後の仮想通貨の取引所運営の利点を何処まで考慮できるか?

 

確かに今後は規制等も増えてきて、今程の利潤の確保が難しいのであれば、400億という保証金額は倒産を決断するには妥当な金額かと考えます。

 

一方で、当たり前の様に取引所の可能性をあげる株主もいるはずです。

判断が非常に難しいと考えますが、きっと、こういったやり取りが日々コインチェックの中で検討されている可能性はあります。

 

とりあえず、コインチェックの一挙手一投足に仮想通貨の相場が騒ついています。

 

私の個人的私観としては、正直、さっさとマイナスでもプラスでも進捗を上げてもらいたいですが、此れも問題があります。

 

なぜなら、仮にプラスの情報で、

 

支払い時期明示=通貨の大幅な上がりの可能性も否定できません。

 

そうなると、現在保証予定のネム価格との乖離が大きくなり、返金を受けた層は不満が高まるでしょう。

また、逆の場合は言わんもがなですね。( ゚Д゚)

 

2.  山本一郎氏のコインチェックの分析記事

内容は以下の記事参照。

www.kuroneko-coin.com

 

とりあえず、こう言った未購入の通貨の売買については、法律違反でない限りは是々非々との話もあります。

 

会社は法律違反でないのであれば、最大限の利益を追求する上で、自分たちのリスク上で仮にやっていたとしても、私は肯定的に捉えます。

 

なんであれ、今の日本市場は完璧に情報が出るまで、待ちとの意思が強いと考えます。

 

また、投機筋はショートで、なるべく取引量の少ない通貨で一度上げて皆様が集まってから、ポンっと落とすやり方が現状の食いぶちなんでしょうか?笑(・Д・)

 

ただ、私は仕事柄色々と数字に関わりますが、一つだけ明確に言える事があります。

 

1月30日の仮想通貨全体の市場価格って知ってますか?

私も調べるまで気がつかなかったのですが、

 

現在 約62兆円

 

となります。

 

此れを時間軸での比較すると、

 

2017年12月1日時の仮想通貨全体の市場価格の約2倍になります。( ゚Д゚)

 

あの当初のBTCは100万を超えて数日経った辺りで、こりゃー100万は切るなって皆様思っていた時期です。

 XRPに至ってはまだ26円です。笑( ̄∀ ̄) 先すら見えません!笑

 

下落幅が大きいので、もうダメかと考えている方も多いと思いますが、一時的な落ちがあったとしても、2ヶ月前の2倍にもマーケットは拡大しています。

(もう、XRPが400円だったのが遠い過去のようです。笑)

 

ものは考えようですが、まだまだ悲観するには早すぎると考えますね。

 

とりあえず、コインチェックの英断に期待しましょう。

 (まずは各仮想通貨の引き出しはリスク懸念でなしだとしても、日本円の引き落としはOKにしましょう!!)

 

最後に、昨日と引き続きマイナス情報での締めくくりとなりましたが、

以下の記事は要チェックと考えます。

 

coinpost.jp

 

 

以上

 

投資は計画的に

 

かしこ (・Д・)