仮想通貨は草コイン

仮想通貨に嵌ったリーマンブログです ( ゚Д゚) Twitterもやってます。

仮想通貨 暴落からの回復 今後はどうなる?何を買えばいいか?下落イベント毎に考察

とりあえず、簡単にですが過去3か月の時価総額のマイナス推移と各イベントを纏めてみました。

 

 

f:id:Kuroneko1104:20180203011418p:plain

 

過去の最大相場は

  • 2018/1/8(木):時価総額最高額 USD830,720,000,000
  • 2018/1/8の相場 BTC1,967,210 円 ETH 140,762円 XRP 331円 XEM 214円(コインチェックより)

 

そこから、マイナス相場を作ったであろう情報が

  • 2018/1/9(金) 韓国市場の相場が取引所から削除による下落
  • 2018/1/9の相場 BTC1,893,894 円 ETH 152,532円 XRP 289円 XEM 190円(コインチェックより)

 

  • 2018/1/16(火) 中国 中央銀行の仮想通貨規制+マイニング規制
  • 2018/1/16の相場 BTC1,460,850 円 ETH 140,671円 XRP 171円 XEM 131円(コインチェックより)

 

  • 2018/1/18(木) ドイツ 世界的な仮想通貨規制の呼びかけ
  • 2018/1/18の相場 BTC1,216,850 円 ETH 105,559円 XRP 172円 XEM 121円(コインチェックより)

 

  • 2018/1/26(金) コインチェックにてNEM580億 盗まれる
  • 2018/1/26の相場 BTC1,253,420 円 ETH 113,845円 XRP 144円 XEM 90円(コインチェックより)

 

  • 2018/1/29-30(月-火) コインチェックの倒産の噂流れる。+Tetherのリスク懸念が再浮上
  • 2018/1/29の相場 BTC1,241,945 円 ETH 131,449円 XRP 137円 XEM 107円(コインチェックより)
  • 2018/1/30の相場 BTC1,176,694 円 ETH 122,194円 XRP 130円 XEM 98円(コインチェックより)

 そして、

  • 2018/2/2!! ナイアガラフォールからの一部復活となっておりす。

 

結果論だけ見ると、大きな値下がり要因としては

  1.  韓国取引所の問題自体は3-4日程度で上がり基調を見せ始めた。下落幅:中
  2.  中国 中央銀行の仮想通貨規制+マイニング規制 短期で影響大 下落幅:大
  3.  ドイツ発信の仮想通貨規制 実はそこまで影響なし? 下落幅:小
  4.  コインチェックの盗難 実は単体の事件としては 下落幅:小 しかし、その後のネガティブ情報からの下落幅:大

 

正直、ちょっと驚いたのがCOINCHECHのNEM盗難問題が起きた当日、世界の仮想通貨

投資家が落ちはしましたが、即反発して上昇している事に驚きを感じました。

 

 

ちなみにDominanceはどのようになっていったでしょうか?

f:id:Kuroneko1104:20180203013147p:plain

各%を記載しておりますが、

  • BTCの下落と反対にETH・XRP・その他アルトコインが、一斉に増加しております。

特にその他のアルトコインのDominanceが非常に上がっております。 

 

正直、アルトといわれるコインはBTCと反相関ですね。

BTCが売られてアルトが購入される、その間にETHとXRPが順調に伸びていく形ですか。

 

次にDOMINANCEを下落イベントごとに考えると

f:id:Kuroneko1104:20180203120506p:plain

1. 韓国市場はXRPのDOMINANCE減への影響が非常に大きい

2. 中国市場の規制はその他アルトコインXRPのDOMINANCE減への影響大

3. ドイツ発の規制はDOMINANCE減への影響小

4. コインチェック(日本)事件はXRP・その他アルトコインのDOMINANCE減への影響大

5. Tetherの懸念はBTC減の影響大 ETHのDominance増への影響大

 

 

上記の内容を総括的に考えると

  1. 取引所関連のネガティブ情報は3-4日程度マイナス影響 + その後の進捗NEWSにて増減変動。
  2. 規制関連ネガティブ情報は2-3日程度で反発。(しかし、中国の場合は下落率大)
  3. BITCOIN関係のネガティブ情報はETHのDOMINANCE増への可能性大。加えて、XRPも同様にDOMINANCEが落ちるとETHのDOMINANCE増の可能性大。

いやー色々と勉強になります。

こう言った変動が大きい相場だと、イベント毎に動きが違い今後のポートフォリオ作成に役立ちそうです。

 

最後に、ETHとXRPが意外と反相関の関係があるので、ある尺度のバランスをもって購入数を調整することで一定の利幅の維持ができる可能性を示唆しておりますね。

(まあ、ETHが単純に値下がりをしづらかった為に、DOMINANCEが上がったとも考えられますが。笑)

また、DOMINANCEが低いアルトコインでも、各市場への相関が高いアルトコインを探し出せれば、面白いポートフォリオの作成ができそうですね。(´・ω・`)

 

でわ。投資は計画的に。

 

以上

 

かしこ ( ゚Д゚)