仮想通貨は草コイン

仮想通貨に嵌ったリーマンブログです ( ゚Д゚) Twitterもやってます。

下落暴落相場  実際に1か月前の高騰時と比べて各銘柄の推移は?

今年1月の大高騰から、現在の大暴落までの1ヶ月、振り返るしか前が見えない相場です。

 

もう、悲しいくらい昨日の相場が最高額 笑

こりゃー誰も突っ込まずにダラダラ落ちますね。

 

加えて、これでもか!と言うくらいの畳み込む様な中国・アメリカ・欧州のネガティブ情報。

 

とりあえず、ここ数日拾った情報は以下の通り。

 

2/3

ビットレックス  CEOがドル建て仮想通貨を増やすと発言→グット╰(*´︶`*)╯Tether対策ですね。


2/4

韓国 オーストラリア間 不正取引 疑惑 420億→バット ( *`ω´)


2/5

中国人ユーザーによる国内外における仮想通貨取引やトークン発行を禁止した昨年の政策を、一層強化する事に。

中国のSNSやネット触媒への仮想通貨広告の禁止強化→バット( ̄◇ ̄;) 

 

中国政府が金融リスク防止のためにICOビットコイン取引所などの海外サイトの接続遮断→バット(*ノωノ)

 

Facebookの仮想通貨広告の禁止もありましたね。→バット(*´Д`) 

 

アメリカ欧州クレカ入金禁止→バット( ̄∀ ̄) でも、こりゃ当たり前だ。

 

正直、日本の政府は 仮想通貨維持 の方向に頑張って対応している節が、コインチェックへの対応を見ていると非常に感じます。

 

しかし、せっかく日本も 停滞感からの脱却 という事を仮想通貨を通じて感じ始めて来ている中での、この世界的な逆風。

これで潰れた場合は、日本はどうなるのでしょう?と、ちょっと題名から一旦逸れた話をしたいと考えます。

 

現在、私は製造業の海外担当をしてます。

もともと、アメリカの大学で金融工学を専攻にしてたのですが、回り回って現在は製造業。笑( ̄∀ ̄)

 

さて、此処から過去のアメリカに起きた問題と、現在の日本の問題を対比してみましょう。

 

過去、アメリカは第二次産業(製造業)で、ブイブイと言わせてましたが、日本の台頭により大半の製造業は日本企業に負けていきました。

 

主な理由はヘッドの重さ(人件費)や、技術シフトの失敗など。→どうしても後発の方が立ち回り(投資効率)が柔軟。

 

よって致し方なく第三次産業にシフトしていきます。→今のトランプさんは正にそこの是正を考えてます。

 

此れは欧州も一緒。欧州も白物系なんて悲しくなります。(+_+)

しかし、ドイツだけは国際競争力を増やす為に企業の統廃合を推し進めて、現在の立ち位置。

逆にイタリアは中小企業だらけで、大型設備投資もできず、経済停滞しまくり。

 

さて、そんなアングロサクソン経済は、より高利潤で人をかけない方向にシフトし、金融関係が伸びていきました。

一方で、製造業が衰退し、全体的な雇用が減少し、貧富の差が広がっていきました。

 

そして、今度は日本のメイン事業はなんでしょうか?

 

そう、製造業でした。(過去形です)

 

過去、アメリカで起きた同じことが、中国・韓国に日本が今バンバンやられております。

 

こればかりは しょうがない!! だって、日本もやってきたもん。

 

しかし、製造業の衰退=次の産業へのシフト をしていかないといけない中で、日本の政府としてはその一環として仮想通貨への舵を切ったのではないでしょうかと、勝手に推測します。

 

確かに、仮想通貨は詐欺的な部分も内包しています。なぜなら、枠組みが全くできていないから。そして、今後も詐欺はもっと発覚していくでしょう。

 

しかし、ICOの集金を見ていると、夢を感じませんか?

 

自己のアイデアと情熱と行動に対して、賛同者を世界的に集めることができ、そして、銀行を通すことなく資金を集め、夢を実行できる。

 

それこそ正にグローバル経済であり、次世代のビジネスモデルと考えます。

 

と、意気揚々と書いたところで、私のコイン君達が暴騰するわけではないので、

一旦ここまでとし、表題通り、この一か月で代表的なコインがどの様に変動したのか?を紹介していきたいと考えます。

(*´Д`)

 

 

対象の通貨は以下の10銘柄。

BTC
ETH
XRP
XEM
TRX
LTC
IOT
BCH
XLM
EOS

 

さて、皆様のどの銘柄が一番被害少なかったと思いますか?笑

 

正解は・・・

 

相場価格:2018/2/5 22:50分

f:id:Kuroneko1104:20180205224426p:plain

通貨 増減率
EOS -3.94%
ETH -11.66%
LTC -43.33%
XLM -43.63%
TRX -54.28%
BTC -54.44%
IOT

-60.27%

BCH -60.57%
XEM -61.15%
XRP -68.50%

 

 

正解:

EOSでした。

EOS:分散型アプリケーションに特化したプラットフォーム。非同期通信と並列処理を採用して非常に高速なトランザクション処理が可能との事。しかし、このトークンは利用用途なしとのこと。あくまで開発資金調達の為のトークン。

 

うーん、結果を見ると、私の投資先はすべて大幅下落のTRX・XEM・XPRと悲惨な状況です。(*´Д`)

 

とりあえず、今できる価格下落を抑える方法は

 

・下落率が低い通貨に逃げるか?

・円に逃げるか?

・それとも長期保有でがっつりホールド?

 

どれが一番正しいのでしょうか?

 

私が取る方法は、、、、、、

 

寝るです。(ホールド)

 

もうここまできたら、果報は寝て待て ですね。

 

でわ、 投資は計画的に

 

かしこ ( ゚Д゚)